読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大日本プロレス カミタ日記

大日本プロレス所属の神谷英慶(かみたに ひでよし)の誠実さの欠片もないブログです!

ポケモンのゲームで学んだこと2

こんばんは!


大日本プロレスNT(ナボナ大使)神谷英慶です。


今回も前回に引き続き ポケモンのゲームで学んだことについての更新です。


ちなみに神谷 は いくつか のポケモンの ゲームをプレイしたことがあるのですが……


ブログで 紹介していくのは 1番印象に 残っている 初代 赤・緑 と呼ばれる ポケットモンスターレッドバージョンor グリーンバージョンについてです。



ゲームボーイのヤツです!



なぜ主人公は旅に出るのか?



このゲームの 目標は 全ての ポケモンをゲットして ポケモン図鑑と呼ばれるモノを完成させることを 最終的な 目標として 旅に出るのですが……



それは建前であって



主人公の目的とは 違う気がします!!!




主人公 は マサラタウン と 呼ばれる 町に住んでおります。



この町には ポケモンセンターと呼ばれるポケモンが休める施設も アイテムを販売する 施設もなくて 人が少ない町であります。




なのにもかかわらず マサラタウン の 周りは海? と 野生を 剥き出しにした ポケモンが飛びかかってくるような 草むらに 囲まれております!



ポケモンは 可愛いらしい 見た目ですが 2秒でインドゾウを 倒してしまう ことが 可能なポケモンもいたりと とても危険 な 生き物だと考えられます。



そんな世界で マサラタウンに 生まれた多くの人達は 自由を求め 無謀にも ポケモンを持たずに草むらに飛び込んで 散っていったのです!



おそらく主人公の父親 も ライバルの少年の父親も自由を求めて 散っていったのだと思われます。




運良く 他の町にたどり着いても 立地条件が悪い寂れた町 マサラタウンに帰る人は いないと 断言しても いいと思います!




だから 主人公 と ライバルの少年(めんどくさいのでここからはシゲルと呼びます)は 外の世界を知らないのであります。



しかし マサラタウンにも ポケモンを持って外の世界にもいける 人物が1人だけいます!




それは シゲル の祖父 で ポケモンの研究をしているオオキド博士 と呼ばれる人物である。




オオキド博士 は 孫のシゲルを 自分の息子と同じ様に冒険に行かせて 危険な目にあわせたくはないので ポケモンと外の世界へ行く自由を 与えなかったのだと考えられます。



しかし 外の世界 を 自分の父親の姿を 知りたい 主人公 と シゲル は 危険な草むらに 足を踏み入れるのだ!!!



そこで この2人の 本気を感じた オオキド博士 は 2人に 危険を承知でポケモンを与えたのであります!!!


虎穴に入らずんば虎子を得ず



本当に 成功したいなら どんな 危険なことでも やらなければ ならない ことが ある


という ことが 最序盤から 学べる ポケモンは やっぱり 神谷 の 学び舎や!!!



神谷英慶は下記アドレスにて大会チケットの予約、取り置きを受け付けております。


kamitanihideyoshi_0324@yahoo.co.jp


是非!ご利用下さい。


「実際の ポケモンのゲーム は このブログに書かれているような雰囲気はありません。そしてアニメのことも神谷はよく知りません!」(神谷 英慶)